サヨナラ・モンスター(Voice)

恐怖やトラウマの克服に役立つ音声配信(1日1回)と3ステップ

行為主体感を高めて幻聴予防になるかもしれない。

41 views

サヨナラ・モンスター(Voice)の3ステッププログラムの取り組みで期待出来る効果は沢山あります。

期待出来る効果の1つに、「+行為主体感が高まることが期待出来る(幻聴予防が期待)」があります。行為主体感とは、⾃分の⾏為だという感覚のことで、ステップ2の作業の一部が、東京大学の研究チームで言われていること(行為主体感が高まると判明したこと)でした。ステップ2の作業は僕自身もずっとやっていた作業です。プラス効果を感じていたので長い間やっていました。

人間は大なり小なり誰でも一過性の解離を経験することがあります。解離が酷くなるのが問題です。僕自身も昔は解離していたのではないかなと思う時期があり、今振り返ってみると、心が病んでいた時期の「行為主体感」は低かった気がします。その頃にサヨナラ・モンスター(Voice)3ステップの「ステップ2」の作業が効果的だったと感じていて、この作業を続けていました。

恐怖やトラウマの克服に役立つ音声配信(1日1回)と3ステップ
サヨナラ・モンスター(Voice)
3ステッププログラムを開始する

ステップ2の作業の一部

東京大学の研究チームで言われていること

行為主体感の向上が期待出来る(幻聴予防が期待)

3ステップで期待出来る他の効果は下記をご覧下さい。

ステップ1で期待出来る効果
音声を聴いて新しいことを知って受け入れて「解釈(認知)(2)」の変化があると、「感情発生(3)」が変化する可能性があります。これにより恐怖が弱くなったり、トラウマに関する細部のことへの意味づけが変わるので感情にも良い変化が起こって心が軽くなる場合があります。

ステップ2の作業で期待できる効果(〇〇〇の〇を〇すことで)
1、疲労感の軽減
2、ストレス緩和
3、速やかなリラックス効果
+○○や○○○○○○○○○○で客観視エラーが修正される可能性
+行為主体感が高まることが期待出来る(幻聴予防が期待)

ステップ3で期待出来る効果
○○○○○により、脳の活性化と脳機能向上が期待出来る
恐怖を減らすことやトラウマの一部の処理を促進させる効果が期待
学習効果が高まることが期待出来る
ポジティブな思考回路が創られることが期待出来る
心理的外傷後成長(PTG)に繋がりやすい思考回路が創られることが期待出来る
ポジティブをアウトプットすることで良い変化に繋がりやすい
脳の海馬を刺激して萎縮を予防することが期待出来る

脳の前頭前野を活性化させてトレーニングして恐怖が減りやすくなる
1、○から○○○までを本気の○○で○える
2、○○○○○○程度の○○を本気の○○で○○する

トラウマの一部の処理に役立つ
○○に○○○をつけてそれを○○○という行為だけで、トラウマの一部を1つにまとめることが出来る(トラウマの一部を処理することが出来る)エビデンスあり

上記は○○で伏せていますが、3ステッププログラムのPDFファイルでは伏せずに記載していますので参加者さまはそちらをご覧下さい。

他にはこの3ステップを繰り返していくことで、
・自己理解が深まる
・自己肯定感が高まる
・自己受容が深まる
という良い変化も期待出来ます。
これらが高まったり深まったりすることに繋がることも、
この3ステップに含まれています。

コメント投稿はこちら